こどもいんふぉ

ママとこどもの育児情報局

【2017年版】二十四節気まとめ

calendar

reload

こんにちは、ありこです。(*^_^*)

今回は「【2017年版】二十四節気まとめ」という内容です。

二十四節気とは、太陽の通り道をもとに4つの季節をそれぞれ6つに分けた区切りの日です。

季節を表す指標を知って、季節の移り変わりを身近に感じましょう。

スポンサーリンク

【2017年版】二十四節気まとめ

春のイメージ

立春(りっしゅん)2月4日

「春が立つ」という意味で、春の始まりの日。旧暦では立春が1年始まりとされていました。

年賀状に「初春」「迎春」と書くのはその名残。

立春の前日となる節分に、厄を払う豆まきをします。

 

雨水(うすい)2月18日

降る雪が雨に変わり、氷が解けて水になるころ。

昔から農作業の準備を始める目安とされていました。

三寒四温を経て季節は春へ。

雨水の日にひな人形を飾り始めると良縁に恵まれるという言い伝えがあります。

 

啓蟄(けいちつ)3月5日

冬眠していた虫が土の中から出てくるという意味。

日差しが徐々に暖かくなり、草木も芽吹きます。

また、タケノコや山菜が旬を迎えるころにもなります。

 

春分(しゅんぶん)3月20日

この頃、昼と夜の長さがほぼ同じになります。

春分の日を挟んだ前後3日、計7日間が春彼岸です。

「暑さも寒さも彼岸まで」といわれるので、春彼岸の頃には寒さが和らぎます。

 

清明(せいめい)4月4日

清明とは「清浄明潔」の略で、万物がすがすがしく明るい季節という意味です。

花が咲き始め、日本中が春の息吹に満ち溢れます。

 

穀雨(こくう)4月20日

すべての穀物を潤す春の雨、という意味。

この頃に降る雨は穀物の成長に欠かせな恵みの雨です。

穀雨の期間の終り頃、立春から数えて88日目が「八十八夜」です。

 

夏のイメージ

立夏(りっか)5月5日

暦の上ではこの日から夏。

5月5日は端午の節句です。

厄払いに旬の菖蒲を用いるので「菖蒲の節句」という別名もあります。

 

小満(しょうまん)5月21日

陽気がよくなり、あらゆる生命が成長し、満ちていくという意味。

この時期の終り頃は、空きに巻いた麦の収穫時期となり、「麦秋」と呼ばれます。

梅雨対策や、衣替えなど次の季節の備えをしておくのにちょうどいい時期です。

 

芒種(ぼうしゅ)6月5日

芒種は芒を持つ穀物の種まきをする時期とされてきました。

実際の種まきはもっと早い時期ですが、穀物栽培に重要な時期です。

 

夏至(げし)6月21日

1年でもっとも昼が長い日。

冬至と比べると約4時間50分も日照時間が長くなります。

 

小暑(しょうしょ)7月7日

少しづつ暑さが増していく時期。

小暑と次の大暑の期間を「暑中」といい、暑中見舞いはこの間に出します。

この頃にある七夕は「機織り」や「裁縫」の上達を祈るお祭りでした。

 

大暑(たいしょ)7月23日

1年で最も暑いころという意味。

大暑は夏の土用の期間です。

土用の丑の日といえばうなぎがおなじみですね。

暑い夏を乗り切るには栄養が必要とされてきました。

 

秋のイメージ

立秋(りっしゅう)8月7日

暑さがピークを迎え、猛暑日が続きますが暦の上では秋の始まり。

この日から季節のあいさつでは「残暑見舞い」となります。

残暑見舞いは8月末までに出します。

 

処暑(しょしょ)8月23日

厳しい暑さが峠を越し、朝夕には涼しい風が吹くようになるという意味。

まだ残暑が厳しい時期ですが、次第に雲にはいわし雲やうろこ雲など、秋の雲が見られるようになります。

 

白露(はくろ)9月7日

暑さも少しずつおさまり、草木に朝露が見られ始めます。

1年で最も美しいとされる「中秋の名月(十五夜)」を鑑賞できる日です。

 

秋分(しゅうぶん)9月23日

「故人をしのぶ日」とされ、前後3日の秋彼岸で先祖供養をします。

秋彼岸には粒あんのおはぎをお供えします。

 

寒露(かんろ)10月8日

草木の露も冷たく感じるころ。

この時期に訪れる旧暦9月13日の月は十三夜と呼ばれ、十五夜に次いで美しい月とされます。

かつては片方の月だけ見るのは縁起が悪く、十三夜と十五夜、両方の月を同じ場所で見る風習があったようです。

 

霜降(そうこう)10月23日

秋が深まり、霜が降るようになるころ。

この季節に降る通り雨を時雨(しぐれ)といい、古くから和歌や俳句に詠まれきました。

霜降の時期は標高の高い山で紅葉が見ごろを迎えます。

 

冬のイメージ

立冬(りっとう)11月7日

季節の大きな節目で、暦の上ではこの日から冬。

木枯らし1号が吹くころで、冬型の気圧配置になったという合図です。

本格的な冬の到来前に、冬支度をしておくのにちょうどいい時期です。

 

小雪(しょうせつ)11月22日

わずかに雪が降り始めるころ、という意味。

この時期に訪れる、春のような穏やかな気候を「小春日和」といいます。

春先や冬の終り頃に誤用されやすいですが、旧暦10月の異称が「小春」ということが由来です。

 

大雪(たいせつ)12月7日

平野でも雪が降るころ。

動物たちも冬ごもりをするなど、本格的な冬を迎えます。

この頃、「正月事始め」といって、すす払いや餅つきなど、正月準備を進める習慣がありました。

 

冬至(とうじ)12月22日

1年で一番夜が長く、昼が長い日。

冬至にカボチャ(なんきん)を食べるのは、この日に「ん」がつくものを食べると「運」がつくという言い伝えから。

ゆず湯に入る習慣はゆずの強い香りと薬効で厄払いをするというのが由来です。

 

小寒(しょうかん)1月5日

これから寒さが厳しくなっていく、という意味。

小寒の日を「寒の入り」、大寒の終りまでを「寒の内」といいます。

寒中見舞いはこの「寒の内」に出します。

各地で寒稽古や寒中水泳が行われます。

 

大寒(だいかん)1月20日

1年で一番寒さが厳しいという大寒。

しょうゆや酒、みそなどの「寒仕込み」の時期でもあります。

寒さで雑菌が繁殖しにくく、ゆっくり時間をかけて発酵するので、味に深みが出ておいしく仕上がります。

大寒が終わると、次は立春です。

 

まとめ

今回は「【2017年版】二十四節気まとめ」という内容でした。

最後までお読みいただきありがとうございました。

ありこ(@ariko_1214 )をフォローすると、ブログの更新情報が受け取れます!


記事の内容が良ければ押していただけると嬉しいです!^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

ありこ

ありこ

4歳の男の子と0歳の女の子がいます。
東海地方在住(^^♪ [詳細]