こどもいんふぉ

ママとこどもの育児情報局

知らないと損!芝以外のおすすめグランドカバー3つ

calendar

reload

こんにちは、ありこです。(*^_^*)

今回はお庭づくりについての記事です。

庭一面、緑の絨毯がある風景は憧れますよね!

そのような場合は「グランドカバー」という地面を覆うように成長する植物を植えます。

代表的なグランドカバーは「」ですが、水やりや芝刈りの管理が必要なので、避ける方が多いのも事実です。

そこで、芝以外に私がよく提案しているおすすめのグランドカバーをご紹介します。

スポンサーリンク

知らないと損!芝以外のおすすめグランドカバー3つ

おすすめ① クリーピングタイム

「タイム」というハーブはご存知ですか?

ハーブもグランドカバーになるんです!

耐寒性があり(-10℃まで耐えます)、手入れも楽で、何より、収穫の楽しみがあります。^^

ハーブティーやサラダに使うのがオススメですよ。

【1年間枯れ保証】【ハーブ】クリーピングタイム 9.0cmポット 30本セット 送料無料 【あす楽対応】
日光を好み、水はけのよい場所に植えるのが適しています。

病害虫がほとんど付かないので、育てやすいかと思います。

年に数回葉や枝を刈り込むと、株が弱らず、花がきれいに咲きます。

 

おすすめ② ワイヤープランツ

寄せ植えなどでも使われるので、ご存知の方も多いかもしれません。^^

この植物は全面に植えるというより、他の植物やレンガや石のような素材と組み合わせて使うと効果的かもしれません。

ナチュラル系カフェの雰囲気が出せますよ。^^

【1年間枯れ保証】【つる性】ワイヤープランツ 0.1m 40本セット 送料無料 【あす楽対応】

日当たりのよい場所~半日蔭が向いています。耐寒性があり、-5℃まで耐えるといわれます。

ただ、水切れに注意する必要があります。春から秋は水をたっぷり与えましょう。

 

おすすめ③ クラピア

クラピアは「イワダレソウ」という植物を品種改良した品種です。

芝生のような刈りこみ作業が必要なく、地面を覆うのにあまり時間がかからないことが特徴です。

肌触りもよく、芝生のようにチクチクしないので、お客さんから好評でした。

下の画像のように、かわいらしい花も咲きますよ。

屋上緑化用イワダレソウ:クラピア白系(S1)3号ポット

こちらも春から秋はたっぷりお水を与えましょう。

肥料は緩効性肥料を1か月に1回与えます。

 

おわりに

 

今回は「知らないと損!芝以外のおすすめグランドカバー3つ」という内容でした。

まとめると、

  • おすすめ① クリーピングタイム
  • おすすめ② ワイヤープランツ
  • おすすめ③ クラピア

ということでした。

気になるグランドカバーは見つかりましたか

芝以外にも様々なグランドカバーがあることを知っていただけたら嬉しいです。^^

素敵な庭づくりができますように♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

合わせて読みたい

 

ありこ(@ariko_1214 )をフォローすると、ブログの更新情報が受け取れます!


記事の内容が良ければ押していただけると嬉しいです!^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

ありこ

ありこ

4歳の男の子と0歳の女の子がいます。
東海地方在住(^^♪ [詳細]