こどもいんふぉ

ママとこどもの育児情報局

おすすめ!こどもの体にいいおやつ5選!

calendar

reload

こんにちは、ありこです。(*^_^*)

こどものおやつ、何をあげていますか?

毎日の食事を考えたり作ったりするのは大変だけれど、さらにおやつとなると、量や質を軽視しがち。

しかし、おやつは3回の食事で摂れなかった栄養を補う目的があるのです。

今回は、こどもの体にいいおやつを5つご紹介します。^^

親子クッキングのイラスト

スポンサーリンク

おすすめ!こどもの体にいいおやつ5選!

1、素材そのもののおやつ

素材の味がわかるようになるだけでなく、上に書いた、栄養を補う目的を果たせます。

チーズや果物もいいですね。

我が家は素材そのもののおやつは一番登場回数が多いです。

野菜でも、例えばキュウリを切って白だしに30分つけておくだけでも、おいしいおやつに早変わり~。

もっと楽したいときは、味がついていないアーモンドの小袋を買いだめしておいて、それをおやつの時間に与えています。

 

2、おにぎり

日本人の昔からのエネルギー源はお米ですよね。

おにぎりは炭水化物で脂質なほとんど含まないので、理想のエネルギー源です。

持ち運びやすいので、外へお出かけするときに持っていくのもオススメです。

 

3、するめ・おしゃぶり昆布


噛みごたえがあり、腹持ちします。

私が子供のころ、この2つはよく食べていました。

するめや昆布をおやつとして選ぶ際は、できるだけ原材料の少ない物にするのがコツです!

あまり添加物が入っていないし、顎が丈夫になるといいなと思ってわが子にも与えています。

ただし、するめは開封するとちょっぴりにおいが気になります。(笑)

 

4、原材料がシンプルな市販のおやつ

例えば、芋けんぴの原材料は

  • さつまいも
  • 食用油
  • 砂糖

だけです。このような原材料がシンプルなおやつは健康的ですね!

 

いくつか例を挙げておくので、参考にしてください。

井村屋 あずきバー

  • 砂糖
  • 小豆
  • 水あめ
  • コーンスターチ(とうもろこしでんぷんのことです)
  • 食塩

卵ボーロ

  • じゃがいもでんぷん
  • 砂糖
  • 鶏卵
  • (脱脂粉乳)←メーカーによります。

岩塚製菓 お子様せんべい

  • うるち米
  • でんぷん
  • 砂糖
  • 食塩

大体市販のお菓子を与えるならこちらが多いです。

ちなみに、あずきバーは固いので少し溶かすか、小さく切ってから与えています。

他はなるべく、合成着色料ショートニング香料等が少なそうだな…と思っているものをパッケージを見ながら選んでいます。

 

5、ママの手作りおやつ

あえてこちらを最後にしたのは、やっぱり手作りは大変だからです!(笑)

私がずぼらだからかもしれませんが…。

作るときは、牛乳寒天や混ぜて焼くだけのパウンドケーキ、たまにクッキーが多いです。

ママの手作りおやつがいいなと思うのは、材料がわかっているので安心できるということだけではないんです。

作る立場にまわることで、食べる人のことを考えられるようになります。

これってとても良い食育になりませんか?

お買い物をして材料をそろえたり、材料を混ぜるところを子供にやってもらったり、作る過程を観察したり…。

食体験は食べるだけでなく、自分で考え、相手への思いやりを持ち、自立していくという貴重な体験です。

 

まとめ

今回は「おすすめ!こどもの体にいいおやつ5選!」という内容でした。

具体的には…

  1. 素材そのもののおやつ
  2. おにぎり
  3. するめ・おしゃぶり昆布
  4. 原材料がシンプルな市販のおやつ
  5. ママの手作りおやつ

ということでした。

おやつは将来の体をつくる大切な補完食です。

適切な時間に適切な量(夕食に差し支えない程度)を守って、上手に与えたいですね。^^♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ありこ(@ariko_1214 )をフォローすると、ブログの更新情報が受け取れます!


記事の内容が良ければ押していただけると嬉しいです!^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

ありこ

ありこ

4歳の男の子と0歳の女の子がいます。
東海地方在住(^^♪ [詳細]