こどもいんふぉ

ママとこどもの育児情報局

ママ友は必要ない?ママ友がいないと焦る人に伝えたいこと

calendar

reload

こんにちは、ありこです。(*^_^*)

みなさんはママ友って何人いますか?

私は地元でない土地で結婚したので、最初はママ友はゼロ!

その後、ママ友がいる時期もあったり、いない時期もありました。

今はママ友がほとんどいません(立ち話をする程度の付き合いの方はいます)が、特に困っていません。^^

そして、ママ友を焦って作る必要はないと思っています。

今回はもしあなたがママ友づくりに焦ってるとしたら、ぜひ読んでほしい内容になっています。

それではさっそく見てみましょー!

スポンサーリンク

ママ友は必要ない?ママ友がいないと焦る人に伝えたいこと

ママ友のイラスト

なぜママ友が欲しいと思うのか?

最初に、「なぜママ友が欲しいと思うか」を私なりに考えてみました。

おそらく

  • (旦那以外の)大人と会話してなくて寂しい
  • 子育ての話に共感してほしい
  • 子育ての情報を知りたい
  • 子どもの友達を増やしたい

このような理由が多いのではないでしょうか。

「だからママ友は必要なの!」と焦る前に、お伝えしたいことがあります

大人との会話がなくて寂しい・話に共感してほしい場合

児童館や子育てセンターでいろいろなママと話そう

特定のママ友がいなくたって、その時に会ったママとたくさん話してすっきりできますよ。^^

私は寂しいな、と思ったらよく児童館に行きます。

この方法の場合、いいところは3つあります。

1、約束に縛られない

ママ友と遊びに行く約束をすると、自分や子供の体調がなんとなく悪い時や天候が少し悪いくらいだと断りづらいですよね。

自分で体調や天候がいい時や、行きたいときに児童館や支援センターに行けばいいので、約束に縛られることはありません!

 

2、女性特有のマウンティングがない

その場で会ったママとおしゃべりするだけなので、持ち家かどうか、兄弟構成、旦那の職業…などなど探られることがほとんどないです。

たまに聞かれたりもしますが、次会うこと自体可能性が低いので、さらりと受け流せます。

 

3、環境が変わっても大丈夫

以前、別の記事で「離婚をしたらママ友が離れていった」ことを書きました。

そのママ友達は付き合いが浅かったことと、「離婚」をネガティブなイメージとしてとらえている人たちだったんだと思います。

全員がそうだとは思いませんが、自分の環境が変わることによって、ママ友づきあいも変わることがあるかもしれません。

他には、自分が妊娠・出産した時は、一緒にランチに行ったり子供を連れて遊ぶのが大変な時があると思います

そんなときは特定のママ友がいないと楽だな、と思ったことも。

 

ネットを活用しよう!

今の時代にあってよかった~!と思うのがインターネット。

せっかくネット環境があるなら、子育ての情報を得たり、他のママとコミュニケーション取ったりと、ネットをフル活用しちゃいましょ♡

Twitter

今更?と思った人も、まったくやったことない人も、ぜひオススメしたいのがTwitter

web上でゆるく人と繋がることができます。

Twitter公式

私は最近始めたんですが、子供の夜泣きで起きてしまった時など、Twitterを開くと他のフォロワー(自分をフォローしてくれているユーザー)さんが同じようなことをつぶやいていて、心強く思うことがあります。

ママ達がたくさんいるので、ちょっと気になったことを聞いたり、共感したり、時には笑ったり、とすごく助けられています。

いわば、ネット上のママ友です。^^

システム自体はとてもシンプルなので使っていくうちにすぐ覚えられるかと思いますが、最初はフォロワー数がゼロなんで、私で良ければフォローしてくださいね!


ウィメンズパーク

私が妊娠中からお世話になっていたサイトがコチラのウィメンズパークというサイト。

ウィメンズパーク公式

このサイトのコンセプトは「最強のママ友をもうひとり」とあるように、ご近所の小児科の話題、学区の話題、子供の年齢別の情報交換など、本当にママ友に聞いているみたいな感覚になります。

もちろん、自分から質問してもオッケー!

ユーザー数も多く、女性限定なので、普段リアルの友達に聞きにくい話が盛り上がっている印象。^^

上記の「なぜママ友が欲しいか」に書いた、

  • 子育ての情報を知りたい

ということをかなり満たしてくれると思います。^^*

 

子どもの友達を増やしたい場合

やはり特定のママ友がいないと子供同士で遊ばせる機会が少ないんじゃない?

と思ったあなた。

子ども同士のつながりや、ママ同士のつながりは幼稚園や保育園に行くようになると、自然にできますよ。^^

それまでは児童館や子育て支援センターでいろんな子供と遊べばいいかな、と個人的に思っています。

子どものいいところはすぐにお友達ができるところ!

子ども目線で考えると、特定の仲良しの子もいいけど、いろんな子に出会うこといい刺激になるかもしれませんね!

おわりに

 

今回は「ママ友は必要ない?ママ友がいないと焦る人に伝えたいこと」という内容でした。

まとめると…

なぜママ友が欲しいと思うのか?ということと、

大人との会話がなくて寂しい・話に共感してほしい場合は

  • 児童館や子育てセンターでいろいろなママと話そう
  • ネットを活用しよう!

子どもの友達を増やしたい場合は「子供は順応性があるのですぐに友達ができるよ!」

ということでした。^^

誤解してほしくないのですが、私は決してママ友が必要ないとは思いません!

ただ、ママ友難民という言葉があるように「焦ってまで作る必要はあるのかな?」と考えたからでした。

普段から笑顔で挨拶することを忘れなければ、自然と自分と同じ空気感の人と仲良くできるかもしれませんね。^^♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ありこ(@ariko_1214 )をフォローすると、ブログの更新情報が受け取れます!


記事の内容が良ければ押していただけると嬉しいです!^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

ありこ

ありこ

4歳の男の子と0歳の女の子がいます。
東海地方在住(^^♪ [詳細]