こどもいんふぉ

ママとこどもの育児情報局

あなたの妊娠力はどれくらい?妊娠力を高めよう!

calendar

こんにちは、ありこ(@ariko_1214 )です。

今回は妊活に関する記事です。^^

高齢出産が増える中、いつ産もうかなとのんびり考えていては、妊娠しやすい時期を逃してしまうかもしれません。

最近よく聞かれるようになった「妊娠力」を高めて、いつか産む日の為に気持ちも身体も準備しておきましょう!

妊娠女性のイラスト

スポンサーリンク

妊娠力を高めるために知っておきたいこと

ビタミンEは別名「妊娠ビタミン」といわれている

 

アーモンドやナッツ類に多く含まれる「ビタミンE」は排卵の促進、ホルモン調節などの「抗不妊作用」があるとのこと。

月経異常の治療にも使われているようですよ。

 

また、冷えむくみを解消し、妊娠しやすい身体作りに役立つとともに、胎児に栄養や酸素を届けるのにも欠かせません。

ぜひ積極的に摂りましょう!

ビタミンEは野菜ではほうれん草やカボチャ、他には木綿豆腐や卵にも多く含まれています。

 

鉄欠乏性貧血を予防しよう

 

不妊に悩む女性に多いのが「鉄欠乏性貧血」という事実。普通の貧血よりも重度の貧血のことです。

なぜ貧血がダメかというと、卵巣の機能低下卵子や卵胞の質の低下が起こるからです。

ですので、もしあなたが貧血なら、妊娠力は低いということになります。

 

ちなみに妊娠中も「鉄欠乏性貧血」になりやすいです。

私は妊娠中期に鉄欠乏性貧血と診断され、しばらく鉄剤やサプリを飲んでいました。

貧血は自覚症状がない場合も多いので、気を付けたいところですね。

 

ダイエットをすると妊娠力が低くなる?

 

妊娠を望んでる方は、ダイエットはなるべくしない方がいいです。

理由は「LDLコレステロール」の値が低くなるから。

LDLコレステロールの値が低くなる… つまり、低コレステロール(栄養欠損)の状態ってことなんです。

実際、原因不明の不妊で悩む女性は栄養欠損の方が多いみたいです。

LDLコレステロールは女性ホルモンの材料なので、食事を抜いたり、無理なダイエットはやめましょうね。

 

実は私も低コレステロールで、健康診断では毎年引っ掛かります。^^;

そのため、妊娠したい!と思ったら、普段の食事に気を付けたり、足りない分はサプリで補ったりして気を付けていました。

無事、妊娠できたので、食事などの生活習慣を見直して本当に良かったと思っています。

 

まとめ

 

今回は「あなたの妊娠力はどれくらい?妊娠力を高めよう!」という内容でした。

 

妊娠力を高めるために知っておきたいこととして、

  • ビタミンEは別名「妊娠ビタミン」といわれている
  • 鉄欠乏性貧血を予防しよう
  • 低コレステロールに気を付けよう

ということでした。

これらは普段の食事に気を付けることが重要ですが、サプリメントで補うこともできます。

女子のおまもりサプリ 鉄+葉酸というサプリがオススメです。

鉄分・葉酸・ビタミンEも配合されているので、一度公式HPをチェックしてみてくださいね。



すべての妊活女性に幸あれ!

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ありこ(@ariko_1214 )をフォローすると、最新情報が受け取れます!


記事の内容が良ければ押していただけると嬉しいです!^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す




書いている人

ありこ

ありこ

4歳の男の子と0歳の女の子がいます。
東海地方在住(^^♪ [詳細]