こどもいんふぉ

ママとこどもの育児情報局

切迫早産で入院に!費用は?個人病院の場合

calendar

reload

こんにちは、ありこです。(*^_^*)

妊娠中の方は切迫早産切迫流産という言葉は一度は聞いたことがありますよね。

実は私はどちらも経験があります。

切迫流産の時は経過観察だったものが、数か月後【切迫早産】と診断されて急に入院することに!

その日のうちに急いで荷物をまとめて、翌日入院しました。

赤ちゃんのことも心配でしたが、長期の入院の経験がなかったため、入院費用がどれくらいするのか、とても気になっていました。

切迫早産で入院になった場合の、実際かかった「個人病院の費用」をお伝えします。

 

スポンサーリンク

切迫早産で入院になったいきさつ

 

事の発端は妊娠4か月の時。切迫流産と診断されたときからです。

いつものように妊婦検診を受けに病院に行ったら、いままで順調だったのにも関わらず、切迫流産と診断されてしまいました。

産婦人科の先生に安静にしてくださいと言われたのに、その時は安静の意味をあまりわかっていなかったんです。

 

その当時は上の子が3歳で私は働いていたので、とにかく毎日があわただしかったです。

ただ、具体的な処置や投薬がなかったこともあり、あまり切迫流産については考えていませんでした。

 

しばらくして

妊娠7か月のある日、子宮頚管の長さが2.3mmしかなく、今度は【切迫早産】と診断され、緊急で入院することになりました

入院は2か月以上。ベッドで安静にしてる以外はトイレと食事とたまに許可されるシャワーのみ。

妊婦検診の時は車いすで移動していました。

私の場合はかかりつけの産婦人科が個人病院だったのですが、全室個室でした。(個人病院でも、大部屋があるところもあります)

なので、入院費用と同時に必ず個室利用料がかかるんですよね…。

ちなみに私が入院した産院は、一番狭い個室の利用料は一日7000円でした。

入院後、妊娠36週で出産するまで、合計2か月以上入院していたことになります。

 

2か月以上個人病院に入院していた場合の費用

 

さて、タイトルの答えですが…その総額は70万円以上

個室差額料だけでも37万円以上しています。

ちなみに総額は高額療養費制度を使っての額です。

高額療養費制度とは月の初めから終わりまでの医療費が高額になった場合に一定の自己負担額を超えた部分が払い戻される制度です。

 

私は初めて聞いたとき、びっくりしてしましました。

担当の看護師さんに、個人差はあるけど、1日1万円が目安ですよ~と言われたのは本当だなぁとおもいました。

入院期間がちょうど約80日ですから…。

 

(その他食事は、個室利用料とは別に1食360円でした。

個人病院は食事が豪華なので、外食でランチで食べると1食1000円はしそうなメニューばかりで、そこはうれしい誤算でした^^♪)

切迫早産 画像

入院費用の負担軽減の対策

 

切迫早産での入院の場合、民間の医療保険に加入している方は、入院給付金が支払われる可能性がありますよ!

ぜひご加入の保険会社に問い合わせてみてくださいね!

私は民間の医療保険は女性特約を付けていたので、給付金が多めに戻ってきました。

 

まとめ

 

以上が私の切迫早産で入院になったいきさつと、個人病院の場合の入院費用でした。

費用は病院によってかなり差はあるかと思いますが、参考にしてくださいね。^^

最後までお読みいただきありがとうございました。

合わせて読みたい


ありこ(@ariko_1214 )をフォローすると、最新情報が受け取れます!


記事の内容が良ければ押していただけると嬉しいです!^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す




書いている人

ありこ

ありこ

4歳の男の子と0歳の女の子がいます。
東海地方在住(^^♪ [詳細]