こどもいんふぉ

ママとこどもの育児情報局

旅行先で病院に行った話【赤ちゃんの転落事故】

calendar

こんにちは、ありこ(@ariko_1214 )です。

先日1泊の温泉旅行に行ってきました。

とある旅館に宿泊したんですが、そこで大変なことが…!

生後10ヵ月の娘がベビーベッドから転落して、病院に行く。ということを経験しました。

命に別状はなかったんですが、せっかくの楽しい旅行が台無しです。

目を離してしまった自分への戒めとともに、ほんの一瞬目を離した隙に赤ちゃんが転落してしまうという注意喚起を込めて、みなさんにお伝えしたいと思います。

ケガする子供のイラスト

スポンサーリンク

温泉内の脱衣所のベビーベッドから転落

 

1泊で温泉旅行に来ていた私たちは、旅館に到着し、夕飯を食べ終わってからはのんびり過ごしていました。

夫が長時間の運転で疲れていた様子だったので、私1人で4歳の息子と10ヵ月の娘を温泉に連れて行きました。

今思うとこの「私1人で子供2人を慣れない場所に連れていく」ということが悪い選択だったように思います。

温泉に入り終わって脱衣所でベビーベッドに乗せ、赤ちゃんを先に着替えさせてから、自分と息子の着替えをさせていました。

着替えを置いたロッカーからベビーベッドは見えない位置でした。

 

風邪をひかないようにせっせと服を着替えていた時に、突然「ギャー!」という声が聞こえます。

見ると、娘がベビーベッドから転落して泣いていたのでした…。

ベビーベッドの柵のロックをしたつもりが、きちんとされていなかっとことが原因でした。

(家にあるベビーベッドと違うタイプのものだったので、もっとしっかり確認すればよかったです。)

 

私は驚きとショックですぐに体が動かなかったことを覚えています。

 

病院の夜間救急外来へ

 

その時、夜9時過ぎ。

急いで部屋に戻り、夫に娘がベビーベッドから転落したことを伝えます。

そして、近くの病院に行くことに決めました。

初めての場所で土地勘がなかったのですが、何とか病院に到着。

時間外なので夜間救急外来の入り口から入りました。

 

CT検査

 

頭を打っていたのでCT検査をしました。CTとはコンピュータ断層撮影法のことです。

体を輪切りにしたような断面の写真を撮り、異常がないかを詳しく調べましょうと当直の先生に言われました。

赤ちゃんなのでじっとしていられないようで、検査室の外まで泣き声が聞こえてきました。

 

しかし、困ったことに、この温泉地の地域は小児科が不足していて、当直の先生もまったくの専門外のようでした。

そこで、私たちは翌日地元の総合病院で診察することに決めました。

 

地元の総合病院へ

 

早朝5時出発で、まずは家に帰ります。

出発の時間まで私たち夫婦は心配でなかなか眠れませんでしたが、頭を打った娘はすやすや眠っていました。

(ちなみに朝食はキャンセルしました。残念ですが、娘のことを考えるととても食べる気が起きませんでした。)

外来が始まる朝イチで脳外科と小児科を受診し、問題ないとのことでした。

それを聞いた瞬間すごく安心して、力が抜けちゃいました。

 

その後

 

娘は少し傷がありましたが、今ではその傷も消え、いつも通りによく笑う表情をします。

せっかくの楽しい旅行が台無しになってしまいましたが、同じ過ちを繰り返さないために、改善点を考えました。

  • 慣れない場所に行くときはいつもより注意すること。
  • なるべく1人で複数の子供をみない。
  • 子供から目を離さない。目を離すくらいなら自分の近くに子供を連れてくること。
  • 高さや段差があるところは注意。なるべくそのような場所に近づかない方法を考える。

育児をしている方からは「当たり前でしょ!」とお叱りを受けそうですが、これが私達夫婦が考えた改善点です。

次からはこのことに気を付け、楽しい旅行にしたいと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

記事の内容が良ければ押していただけると嬉しいです!^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

この記事をシェアする

コメント

down コメントを残す




書いている人

ありこ

ありこ

4歳の男の子と0歳の女の子がいます。
東海地方在住(^^♪ [詳細]