こどもいんふぉ

ママとこどもの育児情報局

テレビやDVDは子どもにどんな影響がある?上手に見せるポイントは?

calendar

こんにちは、ありこです。(*^_^*)

最近我が家のもうすぐ1歳になる下の子がテレビをよく見ています。

1歳の視力は0.1くらいといわれるので、色合いがはっきりしているアニメなどはぼんやりと見えているんだと思います。

それに伴い、心配なのが「テレビやDVDの見すぎ」。

ただ、まったくテレビやDVDを見せないわけにもいかないですよね。それだと家事が進まないっ><

そこで今回は「テレビやDVDは子どもにどんな影響がある?上手に見せるポイントは?」ということについて調べてみましたっ!

スポンサーリンク

テレビやDVDは子どもにどんな影響がある?

長時間見る習慣が、子供の大切な時間を奪ってしまう

テレビ・DVDを子供に見せておくと、その間子供は集中するので、ママにとっては家事がはかどる時間ができますよね。

でも、子供が受け身で長時間テレビやDVDを見ていると、言語や社会性の発達に悪い影響を及ぼす可能性があるみたいなんです。

1日の中で遊んだり、散歩をしたり、公園に行ったり、という五感を通じていろいろな体験をする時間が、テレビやDVDという1つの行動だけにとられるのが問題です。

テレビやDVDは黙ってみているだけで、一方通行の情報が入ってきます。

また、長時間見ることで、運動時間も減るので、肥満の傾向も指摘されています。

 

たかがテレビ・DVDだと思っていたら、なんだか怖くなっちゃいますね。

確かにテレビやDVDを見ているときの子供って、自分で考えたり、能動的に動いていませんもんね。^^;

「習慣」って毎日の積み重ねなので、本当に大切ですね。

逆に、「テレビやDVDを見せるメリット」はあるのでしょうか?

 

テレビやDVDを見せるメリット

テレビやDVDは活用次第ではいい面もあるようです!

  • 一緒に歌ったり踊ったりと、コミュニケーションの道具になる
  • 色彩感覚やリズム感などいい刺激もある
  • テレビやDVDを見ている時間は育児が少し楽になる

子どもに「見せっぱなし」にしなければ、いい面もあるんですね。

 

テレビやDVDを上手に見せるポイントは?

テレビを見る子供

見せるときのルールを家庭で作りましょう。^^

ちなみに我が家は…

  • 画面から離れて見る(できれば3m以上離れて)
  • 長時間見ないこと
  • 音量は大きすぎないこと
  • 部屋を明るくする
  • 刺激が強すぎない番組を見る(子供用番組)
  • ご飯の時はテレビを消す

というルールがあります。

特に「ご飯の時はテレビを消す」を守るようになってから、子供の食べこぼしが減り、家族の会話が増えました!

また、子供用番組(Eテレなど)は生活習慣を身につけられるので、毎日決められた時間見せています。

もうすぐ1歳になる下の子は英語のDVDを見ると寝るので、こちらも頼っています。(笑)

このDVDは歌が優しい声&ゆっくり目で、わが子の寝かしつけ効果は抜群です。^^

 

おわりに

 

今回は「テレビやDVDは子どもにどんな影響がある?上手に見せるポイントは?」という内容でした。

子どもだけでなく大人もついつい「テレビのつけっぱなし」をしてしまいがちですが、こちらも気を付けたいですね。

テレビやDVDとの付き合い方は、子供が大きくなっても悩みがちなので、今からよい習慣作りをしたいところです。^^♪

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

ありこ(@ariko_1214 )をフォローすると、ブログの更新情報が受け取れます!


記事の内容が良ければ押していただけると嬉しいです!^^

 

ブログランキング・にほんブログ村へ 

この記事をシェアする

コメント

コメントはありません。

down コメントを残す




書いている人

ありこ

ありこ

4歳の男の子と0歳の女の子がいます。
東海地方在住(^^♪ [詳細]